吹雪で豊中セフレの状況が把握できない

2020.08.15 Saturday

0

    吹雪と吹雪のせいで目が離せなかった。
    豊中セフレを上にして歩くのは難しいので、登り続けることはできません。
    顔を下にして歩いても雪が降る。

    そんな時

    豊中セフレ

    だった。顔を下にして歩き続けるので目の前の状況が把握できません。
    豊中セフレのせいで何かにぶつかったような気がした。

    「おい!竜也!あそこに山小屋があるぞ!吹雪だから避難しよう!」

    どうやら、衝突したのは先輩だった。
    先輩はそう言って小屋に向かった。
    また、先輩たちを追いかけられるように山小屋に向かって歩き始めました。
    小屋への道が思ったより遠くなったのは、雪の奥を歩くのが難しいせいかもしれません。
    先輩と豊中セフレはようやくラッセルに到着し、ようやく小屋に到着しました。

    「ふ...……吹雪が本当に始まった……今夜もここにいる」
    「達也!火をつけろ」
    先輩はバックパックを落として雪を降っていました。

    コメント
    コメントする